てつやきゅう

アクセスカウンタ

zoom RSS ワンフェスアフター

<<   作成日時 : 2009/07/30 21:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この前ワンフェス行った人は振り返りながら、行かれなかった人はこんな人がいたんだっていうのを見てもらえるとワンフェスの楽しさが伝わってくると思います。

http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50862477.html
http://ascii.jp/elem/000/000/440/440329/index-2.html
http://kalephoto.exblog.jp/10031931/
http://www.syu-ta.com/cosgal/cosgal.shtml



他にもワンフェス記事載せてあるところいっぱおいあるので探してみて下さいw。自分のレポでこんな人いたよーってことを書きましたが記事見てたりすると見覚えがあったりなかったりw。
ワンフェスはフィギュアの祭典だと思いますけどフィギュアに目もくれずコスプレのためのイベントだー!と考えているのでまた2月も行きたいですw。

この前のレポで書き忘れてたことを何点か。
日焼けしたかなと思ったらそうでもありませんでした。
ハヤテがマリアを押し倒してと指示があったのでそれっぽく撮りましたw。
ストパンコスがいた
柊姉妹コスがいた
シャングリラっぽい人いると思ってたけどやっぱり國子でしたww

という感じの今回のワンフェスでした。
今度は撮らせて下さいだけじゃなくて一緒に映ってもらうこともできればいいなw。



コミケですけど2日目はアルトやりますが1日目は終わり間際1時間だけでもいいからハヤテやりたいなと思っています。C74で終わり間際の1時間しかやれなかったみたいな感じになるだろうけど少しでもやりたいしw。まああの人がどうなるか分からないけど少しでもやれるよう時間のタイミング計ってみることにしますw。やれても少しだけになると思いますがその時はママンさんよろしくお願いしますw。
こうなったら3日目も少しだけやりたくなってきますが同人漁りは大変だし何よりカートは邪魔だから大変なので悩みますw。


昨日でマクロスライブ申し込み受付終了しましたね。行かれる方は楽しんできてもらいたいです。
そして今日はまめぐライブの東京公演日でしたね。クリスマスイブ、4月と行ってきただけに今回申し込み忘れて行かれなかったのが本当に残念です。まめぐも奈々さんみたいにライブ常連者になりたいのにw。次こそはw。あとはスフィアのライブもいつかは行ってみたいですw。


昨日の夜青い花見てるときに酔った父親が帰ってきて高校野球の話振られるのはいいんですがその時に何を見てるんだみたいな感じの空気になるのは居心地悪いものですw。そりゃあ百合アニメですからあww。百合どうこうよりもアニメ見てること事態変な目で見られてるだろうけどw。


http://anime.webnt.jp/nt-news/?detail=1313
このなのはポスターに凄くそそられるので買ってこなきゃw。小さい時代には興味ないけどSS以降の成長後の姿なら嬉しいしw。


さっきポケモンやってスプレー使いまくってようやくチャンピオンロード抜けたんだけどセーブする前にライバル対戦になってたきのぼりやかいりき覚えさせてる弱いポケモン連れたままだったから焦った焦ったww。スターミー様様ですねw。
その後妹からくれーって言ってケンタロスやマルマインとかもらったのはいいけどフリーザー、ミュウ、ミュウツーまで簡単にくれた妹はなんなんだろうな…。


結局横浜ファンが夢見れたのは交流戦後〜オールスター前までの戦いだけだったのかな。せめて三浦だけは阪神戦で無条件で勝ってほしいのに……。


『魔法少女リリカルなのはA’s PBORTABLE −THE BATTLE OF ACE−』
バンダイナムコゲームス/ACT/2010年1月21日
http://img142.imagevenue.com/img.php?image=59996_nanoha_122_174lo.jpg


『WHITE ALBUM 2 −introductory chaptarー』
AQUAPLUS/ADV
シナリオ:丸戸史明 with 企画屋
キャラクターデザイン・原画:なかむらたけし
・丸戸史明氏の企画持ち込みからすべてが始まった
 (2006年春に、10周年になる2008年に向けて、「『WHITE ALBUM2』を作りませんか?」と企画を送った)
・根幹として「冬のせつない人間ドラマ」という柱が決まる
・「幸せの向こう側」というコンセプトも提示
・リアルに時間をかけたプロジェクトとして、ユーザーにも1年くらい楽しんでいただこうと思っていたりもする
・舞台は前作から10数年後、ほぼ現代の話(2007年ぐらい)
・携帯電話の普及により音信普通ですれ違う事はありえないので、「心のすれ違い」という部分を描いている
・本作のサブタイトル(意味は「序章」)が示すとおり前後編の2本で発売
 テキスト量だけでも普通のゲームの2本分あり、演出的に区切る場所が、序盤の一箇所(全体の2割程度)だけしか考えられなかった為、序章ということで発売
・キャラクター数は『ToHeart2』レベルになりそう
・序章だけでも背景CGは100枚超えており、しかも高画質(画面はワイドサイズ)
・本作はフルプライスで出すつもりはない
・発売時期は「次の冬が望ましいですが…」
・9月か10月にこの作品に関する爆弾発表あり
<キャラクター>  北原 春希
  (きたはら はるき)  主人公
 峰城大付属3年E組に所属
 軽音楽同好会に入っており、学園祭でステージに立つことを計画している少年
 小木曽 雪菜
  (おきそ ゆきな)  峰城大付属3年A組の美少女で明るく素直な学園アイドル
 ミス峰城大付属2連覇中 
 華やかな容姿にもかかわらず穏やかで控えめな性格だが、親しい人には小悪魔な面も見せる
 カラオケの十八番は10数年前に流行った「WHITE ALBUM」
 冬馬 かずさ
  (とうまかずさ)  峰城大付属3年E組の問題児で遅刻の常習犯
 雪菜と対極にいる不良娘
 杉浦 小春
  (すぎうら こはる)  峰城大付属3年A組の前期クラス委員長で元テニス部副主将
 リーダーとしてみんなを引っ張っていくしっかり者で、困っている人を見ると放っておけない
 和泉 千晶
  (いずみ ちあき)  峰城大文学部3年生
 マイペースなおとぼけ大学生
 甘え上手で要領がいいのでろくに勉強しなくても進級してきたが、今年は進級が危ぶまれている
 風岡 麻理
  (かぜおか まり)  中堅出版社・開桜社のキャリアウーマン
 同期の出世頭周囲の羨望と嫉妬を集める有能な女性

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワンフェスアフター てつやきゅう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる